『1年で東大生、6ヶ月で医学部生になれる』 受験相談blog
エール出版『無名校からでも1年で東大生、6ヶ月で医学部生になれる』の紹介、読者からの質問への回答、書ききれなかった内容の書き足しなどを行うページです。
プロフィール
コンテンツ
著者への質問
最新の回答・コラム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
本書を購入できるサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読者からの質問④:怠け者でも医学部にうかりますか?
 Q4:私は怠け者です。高校の先生に、『そんなようじゃ、浪人しても医学部をあきらめない限り受からない』と言われました。確かに怠けていたのは事実で何も言い返せず、あまりに言われたので本当にそんな気がしてきてしまいます。そのくらい怠け者です。
でも絶対に医学部はあきらめられません。受験生としても、医師としても致命的な怠け癖を直すためにすることとして何かアドバイスをいただけないでしょうか。私の中では勉強の予定を立てる、そして勉強以外のものは倉庫にしまう、を考えています。お返事、お願いいたします。
 
 A4:こんにちは。まず、自分が極度の怠け者だと自覚している点はあなたの良い所だと思います。しかも、それに対して、自分で対策を立てようとしている。この点も良いです。僕も東大受験の時、あなたとほとんど同じことを考えました。僕の場合、高校が特殊だったため、教師から怠け者だと言われることはなかったのですが。
 
 基本的に、人が怠け者と努力家に分けられるとして、努力家ばかりが合格するのが医学部ではありません。
 僕の周りにも、本当に怠け者で、のらりくらりと生きているような医学部生が現にいます。だから、あなたはきっと大丈夫です。大丈夫だと自分に信じ込ませてください。あなたの教師は間違っています。

 僕も実は極度の怠け者です。大学の4年間で少なくとも20万円くらいは漫画喫茶に費やしており、本当に堕落した毎日を送っています。 
 それでも自分が大学で成績がよかったのは、東大に合格できたのは、医学部に受かったのは、「やる時と怠ける時」を完全に使い分けたからです。怠ける時は、何もやりません。家でだらだらと小説をよんだり、漫画をよんだり、コンビニで立ち読みしたり、寮のラウンジでプレステをしたり、もう適当に過ごします。
 そして勉強をすべきときがきたら、それらを「あと○○ヶ月(または○○週間)だけ」と決めて、一時的にそれらをやめます。終わったらまたやる。このメリハリが大切なのです。
  
 また、受験の1年に必要な勉強ができなかったら、どうしたら一番楽ができるか、勉強の量を少なく済ませられるか、といったことを考えることができなかったら、それは受かりません。
 怠け者が合格するためには、怠け者を自覚し、どうしたら怠けながら合格できるか考えるだけの真面目さが必要ということなんです。

 まず、最低限の学習時間をとってください。そのためには、今やっておくべきことは、今日から一週間あなたがとった行動を全て、僕が『無名校から1年で東大生、6ヶ月で医学部生になれる』に載せたS計画の表(30分刻みの表)に書き取ってください。全て書き入れます。寝た時間、起きた時間、ご飯を食べた時間、漫画を読んだ時間、ゲームをした時間、友達と遊んだ時間、誰かに電話をかけた時間など、まず自覚しましょう。
 そして、合格のために必要な時間を考えてください。それは浪人生ならば一日で8~10時間もあれば十分すぎると思います。そうして、何を減らせばよいのか考えるのです。
 
 世の中の受験生の怠け方には2種類あって、一つがテレビなどに時間を費やすこと、もう一つがだらだらと予備校の友人などとおしゃべりをしてしまうことです。
 まず一つ目に関して僕は、東大受験の年はスーパーファミコンを人にあげ、テレビの電源を抜いてコンセントをビニールテープで巻き、漫画は全部売りました。自分の使っている時間を考えると、かなりの時間が削減されたはずです。そして一日30分くらいギターを弾くこと、料理や掃除といった家事や買い物を自分にとって代わりの気晴らしにしようと考えました。
 要するにやるべきことは、だらだらと時間をつかってしまうようなこと、テレビ、ゲーム、漫画などを避ければいいということです。短時間で終わる気晴らしを用意しておかないと、逆に禁断症状のようにテレビやゲームをまた買ってしまったり、人の家でやったりすることになります。
 次に二つ目に関しては、塾や学校などに行って、だらだらと友人と話すこと、これを僕は自宅にこもることで避けました。学校に行っていたので友人とは話はしたのですが、自分の計画をきちんともって、出来る限りだらだらとしゃべることは避け、お昼ご飯の時間や休憩の時間など自分で決めた休み時間に話をするようにしました。

 これらは僕からの一例です。また、こんな風にきちんとやらなければいけないのは受験の一年間だけです。また大学に入ったら力を抜くことはできます。だから、未来のことを想像しながら頑張ってください。

 あなたが来年一年間、一生懸命勉強できることを心から願っています。頑張れ!
スポンサーサイト
Pixelnaut Artworks All Right Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。