『1年で東大生、6ヶ月で医学部生になれる』 受験相談blog
エール出版『無名校からでも1年で東大生、6ヶ月で医学部生になれる』の紹介、読者からの質問への回答、書ききれなかった内容の書き足しなどを行うページです。
プロフィール
コンテンツ
著者への質問
最新の回答・コラム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
本書を購入できるサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
科目別の勉強法:英語 (『無名校から私の東大合格大作戦』より)
科目別の勉強法にうつります。あくまで少しずつ修正を加えた上で掲載していくことにします。

 僕は中3の時、1年間オーストラリアに留学しました。でも帰国時の英語力はたかが知れており(英語をまったく勉強しないで行ったので、経験用法以外で現在完了形を一切使ったことがないほどでした)、帰国後に自分で英検準1級の勉強をしたことで力がつきました。でも強いのは読解とリスニングだけ。そこで英作文・和訳・要約・文法を伸ばす作戦をとりました。
 ●英作文 まず英作文では、書くことに慣れるためZ会のQEBをとり、『英作文のトレーニング(実戦編)』をやりました。しかし模試ではものすごくムラがありました。そこで文法ミスがその原因かと考えて文法ミスをなくすように心がけてみると、急に点が安定するようになりました。最近は東大でも不自由英作と呼ばれる、テーマをかなり固定し自由に書かせない英作文のスタイルが増えているため、なにより文法ミスを避けること(逆に言えば正しい文法で文章を書けるようにすること)が最重要課題と言えると思います。
 ●和訳・要約 和訳と要約に関しては『英文解釈のトレーニングPLUS』(増進会出版)をやりましたが、やった当初は効果があったものの、すぐに点が落ちました。そこで代ゼミ富田の夏期講習を受けたところ、また復活しました。僕自身、解釈という考え方が嫌いなので解釈という意味での効果はなかったと思うのですが、東大ではどういう問題が出るのか、東大で点をとるにはどうしたらよいのか、という話や、細かい文法事項について彼が語ることの一部をうまく自分のものにできたのではないかと考えています。例えば、東大和訳は決まって省略(itが何をさすかなど)や話法を出題するというような裏話も役に立ちました。これは、必ずしも富田がいいという話ではなく、訓練を実戦につなげるために何かをしなければいけない、という教訓と考えてもらえればいいと思います。ちなみに僕は富田、へどが出そうなほど大嫌いです。
 ●文法 文法に関しては『英文法・語法のトレーニンング』(増進会出版)などの文法問題集をやっても、東大レベルには細かすぎ、また自分も文法に興味が持てなかったため、全然身につきませんでした。最終的には、英作文対策でもある、『英作文のトレーニング』別冊の『頻出基本例文300』という小冊子の例文を暗記したことで切り抜けることができました。基本例文というのは、ただの例文ではなく、文法事項を覚えることを目的とした例文なのです。だから、これを覚えきることができれば、東大レベルの文法力には不足ない力がついていると考えていいと思います。若いのでみなさんは300くらい簡単に覚えられるはずですし、英語に限らず語学の学習をしようと思ったらこれは絶対に避けては通れません。大学の授業で語学がまったく身につかなかったなどと言っている人は、絶対にこれをやったことがない人です。断定できます。
 ●スペル ちなみに自分はスペルに関しておそろしく能力が低かったため、対策を考えざるをえませんでした。friendをfreindと書くレベルだと言えばよいでしょうか。ターゲット1100でしょうか、旺文社の単語帳を用い、スペルだけを一つ一つ確認していきました。レベルが高くなると逆に書けるものが多いので、初歩的なスペルを練習しました。間違ったものはノートに記し、次の模試の前に見直すことにしました。これでかなりスペルミスが減りました。これは11月ごろにやったと思います。
 ●単語 単語力もないという自覚があったため、『速読英単語の上級』を早い段階でやりました。内容を読むだけで現代文など社会のものごとを知るためにも役に立つと思います。単語力は最終的には日本語英語を問わない知識の差と表現することもできるはずです。これは、大学で語学を中心に勉強してきた人と海外で話をする機会に気づくことです。

スポンサーサイト
現役時代の模試結果
得点表を掲載します。表の作り方がわからないため、つなげて書いてしまいます。申し訳ないです。


2000年度東大模試の結果

7月代プレ:English(64)Japanese(68)Mathematics(0)W(19)Geography(17)Total(168)Evaluation(E)
8月駿台:E(79)J(57)M(17)W(21)G(16)T(190)Ev(C)
11月河合:E(74)J(68)M(5)W(33)G(32)T(212)Ev(B)
11月駿台:E(63)J(65)M(7)W(32)G(25)T(192)Ev(C)
12月代プレ:E(78)J(75)M(36)W(41)G(32)T(262)Ev(A)
本番プレ:E(85)J(77)M(5)W(25)G(28)T(220)

B判定とは、この判定を去年とった人の10人に6人がその大学に受かったということ、D判定でもその割合が低いだけで、誰も受からなかったというわけではありません。模試の採点もけっこう適当です。僕は最初河合のオープンでC判定をとりましたが、採点に対する質問状を書いて出したら、8点も増え、B判定になりました。万事こんなものです。採点者も結局東大生か東大卒生であり、現役生の方が勉強ができる場合も多いと考えられます。実際の採点者は教授・助教授もしくは助手なので、試験なんてものはあくまで自分のための目安でしかないのです。

絶版になった『無名校から私の東大合格大作戦』の再掲
既に絶版となってしまった書籍の内容について、希望が多いため少し引用をしていきたいと思います。

 こんにちは。僕は今春、定期テストや通知表のない学校、自由の森学園から東大に合格しました。
 今考えてみると、よくぞまあ、東大を目指す気になったな、という感じです。
 定期テストがない、修学旅行が3年の6月にある(もちろん行きました)といった学校上の条件、浪人はダメで国公立大学のみといった家庭の経済上の条件、中高一貫のため、中学受験以来の試験であり、高2の1月まで模試を受けたこともなく、数学は小・中学生レベル、社会も世界史を大航海時代から第一次大戦までやったのみという勉強上の問題があったからです。
 でも、結局あきらめずに勉強と夢にしがみついたことが奇跡的逆転合格につながりました。
 今この文章を読んでいる人の中にも、これらの問題や条件のいくつかを抱えている人はいると思います。そのような方に励ましの声を送る気持ちで僕の合格法を書いていきたいと思います。
 僕は前述の通り、テストの経験が圧倒的に足りませんでした。そこでそのハンデを乗り越えるために徹底的に模擬試験を受けまくりました。
 特に東大型模試は、①勉強のペースメーカーになる、②予想問題となる、③本番の時間配分がわかる、④答案の書きかた(特に社会・数学)がわかる、などの多くの長所があり、さらに(受験上の)無名校生には友達ができる機会(校内に他の東大受験生がいないとき重宝)や、普段ほとんどありえない真剣勝負の状況も生まれるので、下手なプライドは捨て、代ゼミプレまで受けるべきだと思います。 
 しかし、判定は絶対に気にしてはいけません。僕の判定を見てください。センター・一般型は見事オールEでした。なのに本番はセンターも十分合格圏内だったし、二次も受かったわけですから。


なお得点は次のアップで表にする予定なのでお待ちください。
Pixelnaut Artworks All Right Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。