『1年で東大生、6ヶ月で医学部生になれる』 受験相談blog
エール出版『無名校からでも1年で東大生、6ヶ月で医学部生になれる』の紹介、読者からの質問への回答、書ききれなかった内容の書き足しなどを行うページです。
プロフィール
コンテンツ
著者への質問
最新の回答・コラム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
本書を購入できるサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『無名校から 1年で東大生 6ヶ月で医学部生になれる』 内容紹介
 この本は埼玉県の受験的無名校出身の著者が、1年で東大合格を目指す中で作り上げた勉強法や勉強哲学について書いた本です。ここでは、本書の一部内容を、出版社に内緒で(?)公開してしまいます!

~以下「はじめに」からの引用~
 
 

 この本を手にとってくださったあなたは、どんな方でしょうか。「1年で東大生、6ヵ月で医学部生というタイトルに惹かれて手に取っている方、または「奇跡を起こす勉強法」という所に興味を抱かれたのかもしれません。『ドラゴン桜』でやる気を出した「無名校」生もいらっしゃるかもしれませんね。
 大学受験で合格を目指す高校生でしょうか?浪人生でしょうか?いや最近は受験生も多様化しています。今までフリーターをやってきて最近大学に行きたいと思った人か、別の大学に行っていて再受験をする人、社会人入学を目指す人かもしれません。この本では、そんなみなさん全員に向けて、「半年や1年」といった超短期で自分の決めた志望校に合格する」ための勉強法をお教えしたいと思います。

 この本にこめた僕の思いは三つです。一つ目はようやく自分の目的ややりたいことを見つけて一刻も早く大学に行きたいあなたに少しでも早く合格してもらいたい、という思いです。
 心からやりたいことがあるのに、お金や時間がなく、少しでも早く受かる必要がある人が世の中にはたくさんいるはずです。なのに、だらだらしてしまったり、勉強の仕方が悪かったりして最終的には進路変更をすることになる。それではあまりに残念です。本当のあなたの力があれば半年でできること、特に受験勉強のような学問の準備作業に何年もかける必要はないのではないでしょうか。
 もちろん、だからと言ってみんなが現役合格すべきとは全然考えていませんよ。卒後フリーターになったっていい、世界を放浪したっていい。自分の人生について考え、学ぶために時間を使うのはいいんです。一度社会人になってから勉強の必要性を知るというのも最高です。
 本当は浪人だっていいと思うんです。精一杯の努力を続けて駄目な人も、浪人中にやりたいことを見つける人もいます。お金と時間があって、人生をゆっくり進もうと浪人の時間を使っているならそれでもいい。要するに「回り道」と「無駄」の間には大きな差があるんです。「回り道」は、自分を向上させながらやりたいことを見つけること。「無駄」は、何にも自分を向上させようとしないで、やりたいことがないとかぼやきながら無為に時間を過ごすこと。「無駄」はもうやめましょう。あなたの大切な時間をだらだらと費やさないでください。



~以下、目次の抜粋~

  Ⅰ自分のことをもっと知ろう
 
 1章:自分を分析=スピード合格! SEメソッド
 2章:「受験とは急がば回れ」だ! 超分野勉強法
    
      Ⅱ勉強効率を格段に上げる方法

 3章:「情報コントロール」で間違った情報に踊らされない
 4章:「時間コントロール」で無駄をしない
 5章:「勉強法コントロール」で家庭教師・予備校利用法を決める
 6章:「道具コントロール」で賢く道具を選ぶ・使う
  
      Ⅲ絶対ミスをしない方法

 7章:「自己コントロール」で心のケア
 8章:最後の詰めは辛く!
スポンサーサイト

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

Pixelnaut Artworks All Right Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。